​Klässbols

[Klässbols]

クラスボルスは1920年にスウェーデンとノルウェーの国境近くに位置するKlässbolという人口800人の小さな町で誕生しました。

今もピュアリネンを織り続けている数少ない織物工房のひとつです。

伝統的な技術と、最高品質の亜麻を使って織られたこの美しいリネン製品は北欧の各家庭はもちろん、

スウェーデン王室、ノルウェー・オスロの市庁舎、

ノーベル賞の晩餐会でも使われています。

また、最高の麻織物を作るために、原材料である亜麻の生産プロセスにも目を向け、厳しい目で選び抜かれた麻のみを使用しています。
この伝統技術に加え品質に対する高い意識が、独特の風合いと上品な光沢感をもつクラスボルスのリネンを生み出します。

 

そしてシンプルなデザインゆえに素材の良さが際立ち、使うほどに美しく落ち着いた風合いを醸し出します。
 

Ⓒ Makigai Bag Shop 2017